産経ニュース for mobile

「受験のストレスで…」自宅に放火容疑の男子高校生を逮捕 東京・足立

記事詳細

「受験のストレスで…」自宅に放火容疑の男子高校生を逮捕 東京・足立

更新

 自宅に放火したとして、警視庁竹の塚署は27日、現住建造物等放火容疑で、東京都足立区の男子高校生(17)を逮捕した。「受験のストレスで火をつけた」と容疑を認めているという。少年は高校を2~3週間休んでいた。

<< 下に続く >>

 逮捕容疑は、27日午前10時50分ごろ、3階建て住宅の3階にある自室に火を付け、自室と隣にある20代の兄の部屋計約30平方メートルを焼いたとしている。少年は両親と兄の4人家族で、火災当時、両親は外出中だった。けが人はなかった。

 竹の塚署によると、火災報知機が鳴ったため、兄が部屋から出ると、少年が「自分で火を付けた」と話し、そのまま裸足で家から出ていったという。少年は約2時間半後に埼玉県草加市内で発見された。