産経ニュース for mobile

追い越されて「頭に来た」…交通トラブル、5キロ追いかけ鉄パイプで車壊す 埼玉で自称建設作業員を逮捕

記事詳細

追い越されて「頭に来た」…交通トラブル、5キロ追いかけ鉄パイプで車壊す 埼玉で自称建設作業員を逮捕

更新
交通トラブルになった男性の車を約5キロ追い掛け、鉄パイプのようなもので壊したとして逮捕された宮城将宏容疑者の車=16日、埼玉県新座市の新座署(飯嶋彩希撮影) 1/1枚

 車を運転中に交通トラブルになった男性の車を約5キロ追い掛けた後に鉄パイプのようなもので壊したとして、埼玉県警新座署は16日、器物損壊の疑いで、東京都立川市富士見町、自称建設作業員、宮城将宏容疑者(31)を現行犯逮捕した。

<< 下に続く >>

 逮捕容疑は16日午前5時10分ごろ、同県新座市野火止のマンション駐車場で東京都豊島区の男性(62)の軽乗用車を鉄パイプのようなものでたたき、右側ドアミラーを割ったとしている。新座署によると「割り込まれて頭に来た」と供述している。

 宮城容疑者は男性の車に追い越されたことに腹を立て、直線距離で約5キロにわたって追跡。あおったり前に割り込んだりしたほか、交差点で停止した際に男性の車を素手で殴ったり、蹴ったりした。男性は路地に逃げようとして、誤ってマンションの駐車場に入ったという。

 交通トラブルをめぐっては、神奈川県大井町の東名高速でワゴン車が大型トラックに追突され、夫婦が死亡した事故で、ワゴン車の進路をふさいだなどとして、福岡県の男が自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)などの疑いで逮捕され、問題になっている。

 16日未明には、愛知県弥富市の国道23号で、交通トラブルを巡り口論となり、追い越し車線にいた男性2人が後続の乗用車にはねられ、30代の男性が肋骨や骨盤を折る重傷、40代の男性が右肩を脱臼する軽傷を負う事故があった。