産経ニュース for mobile

「1人の女の子として好きだ」教え子だった小学生女児に手紙 市立小教諭懲戒

記事詳細

「1人の女の子として好きだ」教え子だった小学生女児に手紙 市立小教諭懲戒

更新

 教え子だった小学生の女児に「1人の女の子として好きだ」と書いた手紙を渡したなどとして、埼玉県さいたま市教育委員会は28日までに、市立小の男性教諭(28)を停職3カ月の懲戒処分とした。27日付。教諭は「恋愛感情が抑えられなかった。教育者の資質がないと自覚した」と話し、同日依願退職した。

<< 下に続く >>

 市教委によると、教諭は同市岩槻区の小学校に勤務し、女児の担任をしたこともあった。今年4~5月、終業後などに女児の自宅近くに十数回行って、抱き付いたり封筒に入れた手紙を渡したりしたという。

 女児の保護者が市教委に相談し発覚。市教委の平沼智学校教育部長は「極めて遺憾。児童と保護者、市民に深くおわびする」とのコメントを出した。