産経ニュース for mobile

【山梨市長元妻逮捕】山梨の女性、望月清賢市長を提訴 元妻への貸付金返済求め

記事詳細

山梨の女性、望月清賢市長を提訴 元妻への貸付金返済求め

山梨市長元妻逮捕更新

 山梨市の望月清賢市長の元妻、治美容疑者(61)=詐欺容疑で再逮捕=が社長を務める会社「差出石材」への貸付金が返済されていないとして、山梨県甲府市の女性が27日までに、望月市長に返還を求めて甲府地裁に提訴した。

<< 下に続く >>

 訴状によると、女性は平成20年ごろに360万円を貸し付け、一部が返済された後に滞り、191万円の残金があると主張。「連帯保証人の地位にある」として、望月市長に返済を求めている。

 東京都三鷹市の女性も今年1月、同社への貸付金が返済されていないとして、市長に約4500万円の損害賠償を求め甲府地裁に提訴した。