産経ニュース for mobile

革労協反主流派の女逮捕、自分のカード譲渡容疑

記事詳細

革労協反主流派の女逮捕、自分のカード譲渡容疑

更新

 自分名義のキャッシュカードを他人に渡したとして、神奈川県警は犯罪収益移転防止法違反の疑いで、革労協反主流派の活動家で病院職員の木口由紀子容疑者(64)=東京都世田谷区船橋=を逮捕した。県警によると、黙秘している。

<< 下に続く >>

 県警は東京都台東区の同派の活動拠点「赤砦社」など4カ所を家宅捜索。平成27年4月に県内の米陸軍キャンプ座間付近で飛行弾が発射された事件を同派の犯行とみており、事件への関与も慎重に調べる。

 逮捕容疑は同年8~10月、氏名不詳者に自分名義の銀行のキャッシュカードと暗証番号を提供したとしている。

 県警は同年10月以降、現金が出し入れされるのを確認。活動資金を渡す目的だったとみている。