産経ニュース for mobile

乗務中に運転士が腹痛…武蔵野線に遅れ

記事詳細

乗務中に運転士が腹痛…武蔵野線に遅れ

更新

 3日午前5時19分ごろ、東京都府中市のJR武蔵野線北府中駅で、府中本町駅発東京駅行き下り電車の男性運転士が腹痛を訴えた。

<< 下に続く >>

 JR東日本八王子支社によると、運転士は隣の西国分寺駅(国分寺市)でトイレに行ったが、「乗務の継続が難しい」と訴えたことから運転士が交代。この影響で武蔵野線は最大で約20分遅れた。

プッシュ通知