産経ニュース for mobile

【全国常連校で体罰】日大東北高相撲部 コーチが「のこぎり」刃の上腕立て 顧問はデッキキブラシで

記事詳細

日大東北高相撲部 コーチが「のこぎり」刃の上腕立て 顧問はデッキキブラシで

全国常連校で体罰更新

 ■暴力は指導でない 教育現場のリスクに詳しい内田良名古屋大准教授(教育社会学)の話「体罰問題が厄介なのは、生徒への暴力を学校側が『行き過ぎた指導』『指導の一環』などと認識し、説明するところにある。教育的な言葉で置き換えて問題をうやむやにしているが、暴力はそもそも指導ではなく、一般社会では刑事罰が科される犯罪に相当すると捉えなければならない。スポーツ強豪校では特に、生徒は顧問や指導者にレギュラーの座だけでなく、進路も握られているため、暴力になかなか抵抗できず、我慢し続けなければならないという背景もある」

<< 下に続く >>

 ■暴力は指導でない

 教育現場のリスクに詳しい内田良名古屋大准教授(教育社会学)の話「体罰問題が厄介なのは、生徒への暴力を学校側が『行き過ぎた指導』『指導の一環』などと認識し、説明するところにある。教育的な言葉で置き換えて問題をうやむやにしているが、暴力はそもそも指導ではなく、一般社会では刑事罰が科される犯罪に相当すると捉えなければならない。スポーツ強豪校では特に、生徒は顧問や指導者にレギュラーの座だけでなく、進路も握られているため、暴力になかなか抵抗できず、我慢し続けなければならないという背景もある」

プッシュ通知