産経ニュース for mobile

「同性愛」ばらされ転落死 両親、一橋大と同級生提訴

記事詳細

「同性愛」ばらされ転落死 両親、一橋大と同級生提訴

更新

 昨年8月、一橋大法科大学院の男子学生=当時(25)=が校舎から転落死したのは、同性愛者であることを同級生に暴露され、大学が適切な対応をしなかったためだとして、愛知県在住の両親が大学と同級生に計300万円の損害賠償を求めて提訴していたことが5日、分かった。

<< 下に続く >>

 同日、東京地裁で第1回口頭弁論があり、一橋大が「対応に落ち度はなかった」と主張。同級生側は暴露を認めたが、不法行為には当たらないとした。

 訴状によると、学生は昨年4月、この同級生に恋愛感情を告白。同級生は同年6月、通話アプリ「LINE」の同級生約10人が参加するグループに「お前がゲイであることを隠しておくのムリだ」と実名を挙げて投稿。その後学生は精神状態が不安定になった。大学はセクハラ対策などを怠ったとしている。

プッシュ通知