産経ニュース for mobile

【野球賭博】球界に危機感 オリックス球団本部長「大きな傷口に」 新たに巨人選手が関与

記事詳細

球界に危機感 オリックス球団本部長「大きな傷口に」 新たに巨人選手が関与

野球賭博更新

 昨年、無期失格処分となった3選手に加え、新たに高木京介投手(26)が野球賭博に関与していたことが発覚し、プロ野球界は再び衝撃に包まれた。9日、オリックスの瀬戸山隆三球団本部長は「この程度なら、という考えが大きな傷口になる。選手には定期的に注意喚起をしていくしかない」と危機感を募らせた。

<< 下に続く >>

 25日のセ、パ両リーグ開幕を目前に控えた野球界にとっては大事な時期。ロッテの鈴木大地内野手は「野球を知らない人が野球を嫌いになってしまう。せっかく五輪で野球を、とやっている中で腹が立つ」と残念がった。