産経ニュース for mobile

【栃木女児殺害公判】遺棄現場での殺害は「ありえない」 遺体解剖の法医学者が証言

記事詳細

遺棄現場での殺害は「ありえない」 遺体解剖の法医学者が証言

栃木女児殺害公判更新

 平成17年に起きた栃木県今市市(現日光市)の小1女児殺害事件で、殺人罪に問われた勝又拓哉被告(33)の裁判員裁判第6回公判が8日、宇都宮地裁(松原里美裁判長)で開かれ、殺された吉田有希ちゃん=当時(7)=の遺体を解剖した本田克也・筑波大教授(法医学)が出廷、勝又被告の自白に遺体発見時の状況と矛盾する点があることを証言した。

<< 下に続く >>

 本田教授は弁護側証人として出廷。有希ちゃんの死因を失血死と判断した理由を「体内の血液がほとんど失われていた」と説明した上で、遺棄現場に残った血液のルミノール反応は「指を切ったか鼻血程度の量。大量の血液が出た場合は血だまりなどができるはず」と指摘した。

 こうしたことから、「茨城県常陸大宮市の林道で刺して、十数メートル離れた場所に投棄した」という被告の自白について、「殺害現場と遺棄現場がほとんど変わらないというのはありえない」と述べた。

 また、右肩が浮き、逆方向に頭が向いていた遺体の体勢についても、殺害直後に平面や斜面に遺体を投げ捨てた場合にはありえないと指摘。実験の結果、車内のシートのような場所で寝かせて殺害、死後硬直した後に遺棄した可能性があることを示唆した。

 傷の深さから凶器は刃渡り約10センチ前後の刃物と推定。遺体の傷は胸に集中しており、「手足にはテープが巻かれたとみられる痕があった」と証言した。

 検察側は2月29日の冒頭陳述で「勝又被告は17年12月1日午後、有希ちゃんを車で連れ去り、2日、車で山林に連れていって同日午前4時ごろ、ナイフで刺して殺害、遺体を山林内に投げた捨てた」と述べており、弁護側は、被告の自白には矛盾があると反論している。