産経ニュース for mobile

安倍首相 「全力で応援していく」東日本大震災5年で福島視察

記事詳細

安倍首相 「全力で応援していく」東日本大震災5年で福島視察

更新

 安倍晋三首相は5日午前、11日で東日本大震災から5年となるのを前に、復興状況を確認するため福島県を訪問した。首相は福島市内の「復興牧場フェリスラテ」を視察し、酪農家との懇談で「皆さんが成功していくことが東北の未来につながる。全力で応援していきたい」と激励した。

<< 下に続く >>

 復興牧場フェリスラテは、東京電力福島第1原発事故で避難を強いられた酪農家への支援策として整備された東北最大級の共同利用牧場で、昨年12月に生乳の本格出荷を開始した。牛乳やヨーグルトを口にした首相は「おいしいです」と笑顔を見せた。

 首相はその後、沿岸部に移動し、今春に営業再開が予定されるJR常磐線小高駅(南相馬市)を視察。午後には広野町のレストランや楢葉町の部品工場なども訪問する。

 首相の被災地訪問は2月の宮城県以来で、今年2回目。震災復興に政府が全力を挙げている姿勢をアピールする狙いがある。