産経ニュース for mobile

小渕氏団体の「観劇会」、平成25年分でも支出超過 ジャガイモにも約95万円

記事詳細

小渕氏団体の「観劇会」、平成25年分でも支出超過 ジャガイモにも約95万円

更新

衆院本会議に出席するため席に着く小渕優子前経済産業相=21日午後、国会・衆院本会議場(寺河内美奈撮影) 小渕優子前経済産業相(40)=衆院群馬5区=の関連政治団体をめぐる不透明収支問題で、地元後援会が開催した「観劇会」について、平成25年分の政治資金収支報告書でも支出が収入を約800万円上回ることが26日、分かった。小渕氏の政治団体をめぐっては22~24年分の収支が問題となっていた。

 群馬県選挙管理委員会が同日公表した25年分の収支報告書によると、「小渕優子後援会」は観劇代として収入約737万円を記載。小渕氏が代表を務める「自民党群馬県第5選挙区支部」も観劇代の収入約352万円を記載し、収入は計約1089万円となった。

 一方、観劇会を行った東京・明治座への支出は、後援会が約940万円、第5支部が同じ日付で約937万円を計上。2団体で計約1877万円となり、収入を約788万円上回った。

 観劇会の収支については22、23年分の報告書で、後援会の収入が2年間で計742万円だった一方、後援会と「自民党群馬県ふるさと振興支部」の2団体から計3384万円を支出していた。24年分については収支とも記載がなかった。

 小渕氏の説明によると、観劇会は平成19年から毎年開催し、参加者約2千人から会費1万2千円を集めていたという。説明通りなら毎年約2400万円は収入があったことになる。

 また、25年分では「野球観戦」として後援会が収入8万7千円を計上したが、東京ドームへの支出は2団体で計約36万円だった。野球観戦では22、23年にも収支が一致しなかった。

 小渕氏の政治団体をめぐっては、乳幼児用品や下仁田ネギの購入が「不適切」と指摘されたが、25年はふるさと振興支部が「じゃが芋代」約48万円、「馬鈴薯代」約47万円を計上した。

 小渕氏の事務所は「刑事告発を受けている関係で、質問への回答は控えている」としている。

 一連の問題をめぐっては、群馬県中之条町長だった元秘書、折田謙一郎氏(66)が10月、実質的な報告書作成者であることを明かして辞職。群馬県の市民団体が政治資金規正法違反罪での告発状を東京地検特捜部へ提出、特捜部が折田氏の関係先を家宅捜索するなどして調べている。

ランキング