産経ニュース

【五輪会場見直し】「有明アリーナ」新設を表明 地域を一体開発し「レガシーに」

リオ五輪 リオ五輪

記事詳細

更新

【五輪会場見直し】
「有明アリーナ」新設を表明 地域を一体開発し「レガシーに」

有明アリーナの完成予想イメージ(東京都提供) 有明アリーナの完成予想イメージ(東京都提供)

 2020年東京五輪・パラリンピックのバレーボール会場見直しで、東京都の小池百合子知事は16日の会見で、「最終的に有明アリーナとさせていただく。地域として一体開発し五輪のレガシーにする」と述べ、当初計画の有明アリーナ(江東区)を新設し、既存施設の横浜アリーナ(横浜市)への変更案を見送ることを発表した。

 すでにボート・カヌーと水泳に関しては新設が決定しており、小池氏が見直し対象とした3会場はすべて、当初計画をベースにしたコスト削減案で進むことになる。約404億円とされていた有明アリーナの整備費は都が見直した結果、339億円まで圧縮される。

 小池氏は21日開催で調整している大会組織委員会、政府、都、国際オリンピック委員会(IOC)による4者のトップ級会合で新設方針を説明する。

 東京臨海の有明地区では、体操競技場などが整備されるほか、テニスも開催される。商業施設の誘致なども進め、一体的に開発を進める方針。有明アリーナは大会後、民間企業に運営権を売却する「コンセッション方式」を導入し、民間資金を活用する。

続きを読む

「リオ五輪」のランキング

五輪の注目発言

Powered by XWire

みんなの意見 見たい・聞きたい!