産経ニュース

【2024年夏季五輪】トランプ氏の米大統領選勝利 ロサンゼルスが招致への影響否定 イスラム教徒や移民に関する発言で懸念も

リオ五輪 リオ五輪

記事詳細

更新

【2024年夏季五輪】
トランプ氏の米大統領選勝利 ロサンゼルスが招致への影響否定 イスラム教徒や移民に関する発言で懸念も

 2024年夏季五輪開催を目指す米ロサンゼルスの招致委員会は15日、ドーハで開かれた各国オリンピック委員会連合(ANOC)の総会でプレゼンテーションを行い、米大統領選で共和党のトランプ氏が勝利したことについて、招致活動への影響を否定した。開催都市はロサンゼルス、パリ、ブダペストの3都市で争われ、来年9月の国際オリンピック委員会(IOC)総会で決定する。

 AP通信によると、1984年以来で3度目の五輪を目指すロサンゼルスは陸上女子短距離のアリソン・フェリックス選手(米国)が「米国は多様性が最大の強み。われわれを疑わないでほしい」と訴えた。トランプ次期大統領を巡っては、イスラム教徒やヒスパニック(中南米系)の移民排斥を訴えてきたことを踏まえ、IOC委員から懸念も出ている。

 1924年大会から100年の節目で開催を目指すパリはコスト削減とコンパクトな計画をアピール。柔道男子100キロ超級で五輪2連覇のテディ・リネール選手(フランス)が「選手の85%は30分以内で会場を移動できる」と利便性を強調した。(共同)

「リオ五輪」のランキング

五輪の注目発言

Powered by XWire

みんなの意見 見たい・聞きたい!