産経ニュース

【東京五輪】IOC、2020年までの予算16%増 難民選手など支援

リオ五輪 リオ五輪

記事詳細

更新

【東京五輪】
IOC、2020年までの予算16%増 難民選手など支援

 国際オリンピック委員会(IOC)は10日、スイスのローザンヌで理事会を開き、発展途上国などの選手やコーチを支援するソリダリティー活動費を2017-20年東京五輪までの4年で約5億928万ドル(約545億円)とする予算を承認したと発表した。13年から16年リオデジャネイロ五輪までの期間から約16%増となる。

 五輪のソリダリティー活動は選手を教育、支援するプログラムで構成され、リオ五輪で初めて結成された「難民五輪選手団」や引退後の選手も対象となる。IOCのミロ部長は「この増加分は、選手が活動の中心にあることを証明している」と説明した。(共同)

「リオ五輪」のランキング

五輪の注目発言

Powered by XWire

みんなの意見 見たい・聞きたい!