産経ニュース

【五輪陸上】2走の飯塚翔太「アドレナリン出た」 入場時の“侍スタイル”も独断で考案 男子400mリレー

リオ五輪 リオ五輪

記事詳細

更新

【五輪陸上】
2走の飯塚翔太「アドレナリン出た」 入場時の“侍スタイル”も独断で考案 男子400mリレー

陸上男子4×100メートルリレー決勝で2走・飯塚翔太からバトンを受け取る3走・桐生祥秀=19日、五輪スタジアム(甘利慈撮影) 陸上男子4×100メートルリレー決勝で2走・飯塚翔太からバトンを受け取る3走・桐生祥秀=19日、五輪スタジアム(甘利慈撮影)

 リオデジャネイロ五輪大会第15日の19日、五輪スタジアムで行われた男子400メートルリレー。史上最高成績の銀メダルを獲得した日本の2走の飯塚翔太(ミズノ)はレース後、「アドレナリンが出て走れた。山県が(バトンを)渡してくれると信じて、思い切って出た」と興奮気味に話した。一問一答は次の通り。

     

 --走っていて気分はいかがでした?

 「いやあ、興奮しましたね。こんなに歓声が強いと思わなくて、思ったよりすごくて。アドレナリンが出て走れました」

 --銀メダルですよ

 「うれしいですね。山県(亮太)がすごくいい流れを持ってきてくれたので、桐生(祥秀)に向けて突っ走りました」

 --あのバトンパスは魂がこもっていましたね

 「彼(山県)が渡してくれると信じて、もう思い切って出た。バトンがどうこうって覚えていないんですけど、よかったです」

 --この4人はどんなメンバーですか

 「信頼感が置けるメンバーで、もうミスるっていうことは一切考えなかった。そういう信頼できるチームです」

 --入場のときには、みんなで刀を抜くポーズで入ってきました

 「あれは僕が独断で、(実際には)どうだったかわかんないですけど、『侍スタイル』で行きました。一応日本らしくいきました」

 --練習はなし?

 「ちょっと直前にやって。…忘れてたんですよ、最初。『ああそうだ、(入場時のポーズが)ある』って思って、何とかやりました」

 --レース後、スタジアムを一周しました

「普段味わえない雰囲気なので、そこで一周回れたっていうのは…胸を張って回れたと思います」(五輪速報班)

「リオ五輪」のランキング

五輪の注目発言

Powered by XWire

みんなの意見 見たい・聞きたい!