産経ニュース

【清水満の気ままに五輪(9)】嫉妬心がパワー~霊長類最強女子・吉田沙保里のささやき…

リオ五輪 リオ五輪

記事詳細

更新

【清水満の気ままに五輪(9)】
嫉妬心がパワー~霊長類最強女子・吉田沙保里のささやき…

公開練習で調整するレスリング女子の吉田沙保里(左)=12日、リオデジャネイロ(共同) 公開練習で調整するレスリング女子の吉田沙保里(左)=12日、リオデジャネイロ(共同)

 『かわいい外国人選手と戦うときは集中力があがりますよね。“こいつ、何でこんなにかわいいんだ”って。すぐに倒したくなります。燃えてきますよね、ぶん投げてやるって…』

 ナルホド。舞の海さんと一緒ではないか。ま、全てとは言わないが、ひとつの動機付けになることは間違いないでしょう。

 もちろん、吉田の本当の強さは、強い精神力と高い技術にほかならない。その練習量だって半端ないと聞いている。「プレッシャーは勝ちたければ、勝ちたいほど強くもつもの」をモットーに常に自らを追い込んできた。そして逆境さえ力に変えた。2008年北京五輪の直前の女子ワールドカップ団体戦で米国のマルシー・バンデュセンに負けた。連勝が119で止まったが、その敗戦こそが、吉田を大きく成長させたともいえる。

 「五輪の前に負けてよかった。自分の中にどこか甘さがあったのでしょう。あの負けが自分の意識を変えてくれた。精神的にも強くなれたし、技術的にも進歩できました。連勝中なら絶対にそんなことを思わなかったでしょう」

 そんなわけで、個人戦では現在『203連勝中』。五輪4連覇となれば、女性では全競技を通じて世界で誰も成し遂げていない偉業となる。現地での公式会見ではこう話していた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 嫉妬心がパワー~霊長類最強女子・吉田沙保里のささやき…

関連トピックス

「リオ五輪」のランキング

五輪の注目発言

Powered by XWire

みんなの意見 見たい・聞きたい!