産経ニュース

【五輪マラソン】青森で培った「笑顔」で福士加代子がリオを疾走

リオ五輪 リオ五輪

記事詳細

更新

【五輪マラソン】
青森で培った「笑顔」で福士加代子がリオを疾走

陸上を始めた高校時代の福士加代子。明るい性格は昔から変わらないという(福士正幸さん提供) 陸上を始めた高校時代の福士加代子。明るい性格は昔から変わらないという(福士正幸さん提供)

 「こけても、負けても笑顔。苦しい顔をしたら周りが心配すると思っているんだろうね。(安田さんの)指導のたまものだよ」。正幸さんは力を込める。

 今年1月の大阪国際で優勝を果たし、福士は「やっと取ったよ。一等賞」と歓喜し、このリオに乗り込んできた。

 8年前、正幸さんは、娘がマラソンをあきらめると思った。だが、挑戦を繰り返し扉を開けた。「親でも驚くくらいの精神力。笑顔で走りきってほしい」。正幸さんはリオの沿道で家族ら約30人と声援を送った。

 目指した金に及ばなかったが、レース後は、やはり福士だった。「しんどすぎたぁ」「こんなに頑張った自分はいないかな」。いつものように言葉は尽きなかった。

「リオ五輪」のランキング

五輪の注目発言

Powered by XWire

みんなの意見 見たい・聞きたい!