産経ニュース

【リオ五輪】世界反ドーピング機関とスポーツ仲裁裁判所にハッカー攻撃

リオ五輪 リオ五輪

記事詳細

更新

【リオ五輪】
世界反ドーピング機関とスポーツ仲裁裁判所にハッカー攻撃

 ロシアによる国ぐるみのドーピング不正問題が尾を引く中、リオデジャネイロ五輪の開幕後に、世界反ドーピング機関(WADA)とスポーツ仲裁裁判所(CAS)がハッカー攻撃の標的になっていたことが12日、明らかになった。AP通信が伝えた。

 WADAの広報担当者が同通信に明らかにしたところでは、ポーランドのハッカー集団と主張する人物によってユーチューブに投稿された動画で、WADAのサイトがハッカー攻撃を受けたことを通告された。

 緊急調査の結果、ドーピングの調査結果を蓄積しているデータベースは不正アクセスされていなかった。しかし、データベースの利用者に、WADAがログインデータを要求しているように装ったフィッシングメールが送り付けられていたことが分かったという。

 選手は競技外の抜き打ち検査を可能にするため、データベースに居場所を入力することが義務づけられている。同通信は、何者かが選手のパスワードを使ってログインし、居場所情報を書き換えることで、選手が抜き打ち検査を受けられなくなる可能性を指摘している。その場合、検査逃れとして処分の対象となりかねない。

続きを読む

「リオ五輪」のランキング

五輪の注目発言

Powered by XWire

みんなの意見 見たい・聞きたい!