産経ニュース

【五輪体操】内村航平の“最強の二人三脚” 森泉コーチと今井トレーナー この2人がいないと「僕の体操は成り立たない」

リオ五輪 リオ五輪

記事詳細

更新

【五輪体操】
内村航平の“最強の二人三脚” 森泉コーチと今井トレーナー この2人がいないと「僕の体操は成り立たない」

体操男子個人総合決勝 金メダルが決まり、森泉貴博コーチ(手前)と抱き合って歓喜する内村航平=10日、リオ五輪アリーナ(撮影・桐山弘太) 体操男子個人総合決勝 金メダルが決まり、森泉貴博コーチ(手前)と抱き合って歓喜する内村航平=10日、リオ五輪アリーナ(撮影・桐山弘太)

 逆転優勝を決めた内村航平はそばにいた森泉貴博コーチ、今井聖晃トレーナーと荒々しく抱き合い、歓喜を爆発させた。「森泉さんと今井さんがいないと僕の体操は成り立たない」。3人の息の合った連携なくして、五輪2連覇は達成されなかった。

 前回のロンドン五輪。森泉コーチには後悔がある。団体制覇に向けて猛烈に打ち込む内村に「ストップ」を掛けられなかったことだ。結果はコンディションが合わず団体は銀メダル。その反省から今季は練習中の声掛けを心掛けてきたという。「少し(練習と)違うことでも声を掛けて。そうすることで一旦、休憩が取れたり、考える時間を持ったりできるとガンガン勢いが付かない」。入れ込みすぎずに五輪本番を迎える一助となった。

 コンディションを整えるのに尽力したのは今井トレーナーだ。27歳とベテランの域に入った内村だが、今季は疲労の出方が違ったという。「昨年までは練習を我慢できずにやってしまっていたけど、今季は『つまらない』とか言いながらも抑えている」。また、「最近はつり輪で肩甲骨周りをうまく使っている」と、今なお進化する技術も見て取っていた。

 大接戦となった個人総合決勝。最後の鉄棒に内村を送り出す際、森泉コーチは一声掛けた。「草加(埼玉県)の体育館で練習している、いつもの航平の着地で止めてくれ」。予選や団体決勝でのミスを払拭する精度の高い演技を見届け、「ようやくいつもの航平が出た」と満足そうだった。(宝田将志) 

このニュースの写真

  • 内村航平の“最強の二人三脚” 森泉コーチと今井トレーナー この2人がいないと「僕の体操は成り立たない」
  • 内村航平の“最強の二人三脚” 森泉コーチと今井トレーナー この2人がいないと「僕の体操は成り立たない」
  • 内村航平の“最強の二人三脚” 森泉コーチと今井トレーナー この2人がいないと「僕の体操は成り立たない」
  • 内村航平の“最強の二人三脚” 森泉コーチと今井トレーナー この2人がいないと「僕の体操は成り立たない」
  • 内村航平の“最強の二人三脚” 森泉コーチと今井トレーナー この2人がいないと「僕の体操は成り立たない」

関連トピックス

「リオ五輪」のランキング

五輪の注目発言

Powered by XWire

みんなの意見 見たい・聞きたい!