産経ニュース

【リオ五輪】体操男子団体、3大会ぶりの「金」 柔道では大野将平が「金」、“野獣”松本薫も「銅」 “お家芸”で実力発揮

リオ五輪 リオ五輪

記事詳細

更新

【リオ五輪】
体操男子団体、3大会ぶりの「金」 柔道では大野将平が「金」、“野獣”松本薫も「銅」 “お家芸”で実力発揮

体操男子団体 金メダルを獲得して喜ぶ内村航平ら=8日、リオ五輪アリーナ(甘利慈撮影) 体操男子団体 金メダルを獲得して喜ぶ内村航平ら=8日、リオ五輪アリーナ(甘利慈撮影)

 リオデジャネイロ五輪大会第4日の8日、各地で競技が行われ、日本勢は体操男子団体総合で金メダルを獲得。柔道でも金メダルと銅メダルを手にし、“お家芸”が実力を発揮した。

 体操男子団体総合決勝で、内村航平、山室光史、加藤凌平、田中佑典(いずれもコナミスポーツ)、白井健三(日体大)の布陣で臨んだ日本は6種目合計で274・094点をマーク。2004年アテネ五輪以来、3大会ぶりの金メダルを獲得した。

 柔道では、男子73キロ級の大野将平(旭化成)が金メダル、女子52キロ級の松本薫(ベネシード)が銅メダルに輝いた。松本はロンドン五輪の金メダルに続き、2大会連続のメダル。

 前日に石川佳純(全農)が初戦で敗れるというショックに見舞われた卓球女子は、福原愛(ANA)が初戦を迎えた。福原はシングルス3回戦で4-0でストレート勝ちし、4回戦に進出した。

 競泳の男子200メートルバタフライでは、瀬戸大也(JSS毛呂山)と坂井聖人(早大)が準決勝に進出。女子200メートル個人メドレーでも、寺村美穂(セントラルスポーツ)と15歳の今井月(るな)=愛知・豊川高=が準決勝に進んだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 体操男子団体、3大会ぶりの「金」 柔道では大野将平が「金」、“野獣”松本薫も「銅」 “お家芸”で実力発揮
  • 体操男子団体、3大会ぶりの「金」 柔道では大野将平が「金」、“野獣”松本薫も「銅」 “お家芸”で実力発揮
  • 体操男子団体、3大会ぶりの「金」 柔道では大野将平が「金」、“野獣”松本薫も「銅」 “お家芸”で実力発揮
  • 体操男子団体、3大会ぶりの「金」 柔道では大野将平が「金」、“野獣”松本薫も「銅」 “お家芸”で実力発揮
  • 体操男子団体、3大会ぶりの「金」 柔道では大野将平が「金」、“野獣”松本薫も「銅」 “お家芸”で実力発揮

「リオ五輪」のランキング

五輪の注目発言

Powered by XWire

みんなの意見 見たい・聞きたい!