産経ニュース

【五輪競泳】萩野公介と瀬戸大也がダブル表彰台 メルボルン五輪以来60年ぶりの快挙

リオ五輪 リオ五輪

記事詳細

更新

【五輪競泳】
萩野公介と瀬戸大也がダブル表彰台 メルボルン五輪以来60年ぶりの快挙

男子400m個人メドレー決勝の表彰を終え、メダルを手にする瀬戸大也(左)と萩野公介 =6日、五輪水泳競技場(川口良介撮影) 男子400m個人メドレー決勝の表彰を終え、メダルを手にする瀬戸大也(左)と萩野公介 =6日、五輪水泳競技場(川口良介撮影)

 リオデジャネイロ五輪競泳男子400メートル個人メドレーで萩野公介(東洋大)が金メダル、瀬戸大也(JSS毛呂山)は銅メダルに輝き、日本人2人がメダルを獲得した。競泳男子で日本人が五輪の表彰台に立つのは、1956年メルボルン五輪競泳男子200メートル平泳ぎで古川勝が金メダル、吉村昌弘が銀メダルを手にして以来、60年ぶりの快挙となった。(五輪速報班)

「リオ五輪」のランキング

五輪の注目発言

Powered by XWire

みんなの意見 見たい・聞きたい!