産経ニュース

【リオ五輪】日本人サンバダンサーが開会式に華 日本移民通じて平和訴え

リオ五輪 リオ五輪

記事詳細

更新

【リオ五輪】
日本人サンバダンサーが開会式に華 日本移民通じて平和訴え

 リオデジャネイロ五輪の開会式で5日、71年前に広島に原爆が投下された日本時間6日午前8時15分にあたる時間帯に、日系移民をテーマにした演出が登場した。

 日本国旗をモチーフにした衣装を身につけたダンサーが、今では130万人となった日系移民の希望や苦難を表現。日本人サンバダンサー、工藤めぐみさんも華を添えた。

 演出した映画監督、フェルナンド・メイレレス氏は「世界中に戦争と平和について考える時間にしたい」と演出に込められたメッセージを説明した。

 メイレレス氏は当初、会場全体で黙祷をささげることを計画したが、国際オリンピック委員会(IOC)が「政治的な行動にあたる」として却下。黙祷とは違う形で、平和への誓いを表現する手段に変更することにした。(五輪速報班)

関連ニュース

【リオ小話】日本人は狙われやすい!? 地元大学生が挙げた五輪“標的”になるは…

「リオ五輪」のランキング

五輪の注目発言

Powered by XWire

みんなの意見 見たい・聞きたい!