産経ニュース

【リオ五輪】防虫網付き帽子でジカ熱対策アピール 米女子サッカーGKのアイデア、物議醸す

リオ五輪 リオ五輪

記事詳細

更新

【リオ五輪】
防虫網付き帽子でジカ熱対策アピール 米女子サッカーGKのアイデア、物議醸す

虫除けネット付き帽子をかぶる米国女子代表GKのホープ・ソロさん(本人のツイッターより) 虫除けネット付き帽子をかぶる米国女子代表GKのホープ・ソロさん(本人のツイッターより)

 【リオデジャネイロ=佐々木正明】8月のリオデジャネイロ五輪に出場するサッカー女子米国代表GKのホープ・ソロさんがツイッターに、ブラジルでジカ熱の感染からいかに身を守るかを示した写真を掲載し、物議を醸している。

 ソロさんは、ブラジルに持っていく多くの防虫スプレーや防虫クリームを並べた写真を載せ「もし防虫剤を選手村に忘れた人がいたら、私の所にきて」とメッセージ。次のツイートで、頭部をすっぽりと覆う防虫ネット付き帽子をかぶり、「これだけは貸さない。自分で用意して」と記した。

 既婚者であるソロさんは妊娠のことを考え、一時、五輪への不参加をほのめかしたことがあるが、結局は参加を決断。米国チームは五輪4連覇を目指す。

 このツイートにリオ市民からは大げさだとの反応が相次ぎ、ネット上では「持ってくるなら防弾チョッキの方が良い」などと物騒な声も上がった。ブラジル政府によると、大会期間中、感染するリスクは50万人に1人あるかないかだという。

「リオ五輪」のランキング

五輪の注目発言

Powered by XWire

みんなの意見 見たい・聞きたい!