産経ニュース

【リオ五輪】選手村を公開 期間中1万7千人が生活 ジカ熱対策も強化

リオ五輪 リオ五輪

記事詳細

更新

【リオ五輪】
選手村を公開 期間中1万7千人が生活 ジカ熱対策も強化

 リオデジャネイロ五輪の大会組織委員会は23日、メイン会場となるリオデジャネイロ市西部バーラ地区の選手村を報道陣に公開した。31棟のマンションに複数の寝室を備えた約3600部屋が用意され、五輪では約1万7千人、パラリンピックでは約6千人の選手、役員が生活する。

 5千人が利用できる大食堂や医療施設、ランニングやウエートトレーニングのマシンを備えた1800平方メートルのジムはいずれも24時間オープンする。

 選手交流のための多目的スペースや、各宗教別の礼拝施設も完備する。銀行やクリーニング店、コンビニエンスストアなどもあり、さまざまなニーズに応える。ジカ熱などを媒介する蚊対策として全室に冷房設備を設置し、電気式の除虫器具を約1万2千個用意した。

 7月24日にオープン予定で、9月のパラリンピック後は高級マンションとして分譲される。(共同)

「リオ五輪」のランキング

五輪の注目発言

Powered by XWire

みんなの意見 見たい・聞きたい!