PR

地方 地方

西鉄が天神大牟田線高架事業めぐり沿線の春日・大野城両市と連携協定

協定を締結した(右から)西日本鉄道の林田浩一社長と、井本宗司・大野城市長、井上澄和・春日市長
協定を締結した(右から)西日本鉄道の林田浩一社長と、井本宗司・大野城市長、井上澄和・春日市長

 福岡県などによる西日本鉄道天神大牟田線の高架化事業をめぐり、西鉄と事業沿線の春日市、大野城市の3者が19日、福岡市博多区で、まちづくりや活性化策などで連携する協定を締結した。

 協定では、事業完成後、駅間をつなぐ歩行者道路の整備や高架下のにぎわい創出に加え、沿線の活性化や公共交通の利用促進などで3者が協力するとした。具体的な取り組みは今後協議する。協定に関連し、西鉄は同日、高架化する駅施設内にグループ会社が営む小売店の進出などを検討していることを明らかにした。

 締結式で、春日市の井上澄和市長は「民間と行政が連携するとともに、それぞれが強みを発揮する意思の表れだ」と締結の意義を強調。大野城市の井本宗司市長も「高架化事業で町の形と、人の流れが大きく変わろうとしている。次の100年に向けた街づくりに向け3者の絆が礎になる」とした。

 一方、西鉄の林田浩一社長も「天神大牟田線の魅力ある街づくりは重要事業。これまで以上に連携、協力して、住み心地のよさが実感できる都市づくりに貢献したい」とあいさつした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ