PR

地方 地方

梅チョコ、世界へはばたけ 専門店と共同開発 太宰府市の福岡農業高校

企業と共同開発してきた商品を前に写真に納まる福岡農業高校梅研究班の生徒たち
企業と共同開発してきた商品を前に写真に納まる福岡農業高校梅研究班の生徒たち
その他の写真を見る(1/2枚)

 「合格する梅(ばい)」をキャッチフレーズにしたポテトチップスなど、梅を使った商品を売り出してきた福岡県立福岡農業高校(太宰府市)が、老舗洋菓子店「チョコレートショップ」(福岡市博多区)とのコラボで「梅チョコ」を開発した。バレンタインデーを控えた今月初旬に福岡市内で販売したところ、連日完売と好評。その人気ぶりに太宰府市が「ふるさと納税」の返礼品として活用することにし、同店は4月末からJR博多駅や福岡空港の店舗での販売、秋には仏パリでも発売する予定で、舞台は世界へと飛躍の気配を見せている。(永尾和夫)

■「太宰府の梅」生かし

 「太宰府の梅」は「古代日本の『西の都』~東アジアとの交流拠点~」として「日本遺産」に認定された同県太宰府市の構成文化財となっており、チョコレートショップも梅を使った新たな商品企画に挑戦。そこで持ち上がったのが、市内の梅園で収穫した梅を加工して、さまざまな商品を開発している福岡農高の食品科学科梅研究班との連携。梅研究班は毎年5月から、200キロを収穫。梅ジャムやシロップ、ペーストに加工している。同店の佐野隆社長(64)が同校で品質をチェックしたところ、高い品質に驚き「これはいける」と判断した。

 どんな形や色、味にするのか。梅研究班の生徒9人が、それぞれ二つずつアイデアを出した。店ではこれをすべて試作。パリにも店舗を持つ佐野社長は「世界に通用するものに挑戦しようや」と呼び掛け、改良を続けた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ