PR

地方 地方

【大場一央の古義解~言葉で紡ぐ日本】徳川斉昭(なりあき)学問と事業の一致企図

 弘道とは何ぞ。人、よく道を弘(ひろ)むるなり。道とは何ぞ。天地の大経にして、生民の須臾(しゅゆ)も離るべからざる者なり『弘道館記』

 藤田幽谷の弟子である会沢正志斎が「国体論」を提唱し、政治学としての水戸学を確立しつつある頃、第7代水戸藩主、徳川治紀(はるとし)の第三子、斉昭(なりあき)=1800~1860=が誕生した。

 長兄がいることから藩主となる見込みはなく、「予備の男子」として扱われた斉昭は、部屋住みとして極めて質素で無為な人生を決定づけられていた。ただ、9歳で侍読につけられた会沢に導かれ、学問にのめりこむ。

 天照大神(あまてらすおおみかみ)が八百万(やおよろず)の神々と協力して国造りをはじめたことを出発点として、天照大神の子孫たる天皇と、八百万の神々の子孫である日本国民が一致協力して日本を造っていく-という構図が、会沢による「国体論」の特徴だ。

 八百万の神々は天照大神に忠誠を尽くした。後世の日本国民が、そんな八百万の神々をモデルに行動することは、天皇に対して忠誠を尽くすことでもあり、祖先の仕事を引き継ぐ孝行ともなる。これこそ「忠孝一如」という考え方であり、近代日本でも好まれた「忠孝」の二文字は、会沢によって、スローガンとして確立された。

 また、会沢は皆が一足飛びに天皇に対して忠誠を尽くすべく行動するのは、かえって身の程を知らない僭越であると断じた。天皇が任命した将軍、将軍が封じた諸大名、大名に仕える武士、そして生産を担う庶民との社会構造のもと、皆がそれぞれに役割を分担し、一生懸命に務め、生活を作り上げることこそ本当の忠誠であり親孝行だとする。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ