PR

地方 地方

【久保田勇夫の一筆両断 金融から世界が見える日本が見える】アメリカとは何か(1)-創られた強靱な国家-

 私は1989年6月の人事異動で大蔵省の大臣官房調査企画課長となった。国際金融局為替資金課長を1年間務め、勝手知ったるこの分野で実務にも慣れ金融界との人脈も積み上がり、「さあ、これから為替政策をしっかりやろう」と思っていた矢先である。1983年には、「現代の国際金融」という私にとっての初めての本も出版していた。

 調査企画課といえば、大蔵省の経済政策の担当部署であり、ということであれば、わが国の経済政策の要と言える。この時期にその長として、何が仕事のテーマであろうかと考えた。たどりついたのは次の3点であった。第一は、アメリカをもっと知ることであるということであった。私はかねてから、アメリカはわが国にとって格別重要な国であるが、にも関わらず、われわれはアメリカがいかなる国か良く知ってはいないのではないかと考えていた。アメリカの政治、経済、社会など多くの分野を専門とする組織や人物は多く存在するが、それぞれが自分の専門領域やその所属する流派の考え方に固執しており、その結果として、アメリカとは何かについての総合的な理解が不十分ではないかという認識である。

 第二は、当時わが国は貿易黒字が定着し、かつ増大していたが、こういう下で、どうやって金利の引き上げや緊縮的予算を組むといった景気を抑制させる政策を、必要な時に国民に納得させるかということであった。かつては、景気が拡大すると貿易赤字が進み、そこで、景気が良くても金融の引き締め、増税などを行って対処すべきだということで国民の納得を得ることができたが、この方法がとれなくなっていた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ