PR

地方 地方

【御朱印巡り】珍しい「桐」目当てに参拝も 新潟・加茂 青海神社

紙のように薄い桐板の御朱印(本田賢一撮影)
紙のように薄い桐板の御朱印(本田賢一撮影)
その他の写真を見る(1/3枚)

 国内の桐たんすの7割を生産している新潟県加茂市。同市北部にある青海(あおみ)神社は、全国でも珍しい桐の御朱印を頒布している。紙のように薄い桐製の板の御朱印で、参拝者の8割ほどが紙ではなく桐の御朱印をもらっていくという。

 権禰宜(ごんねぎ)の古川修さん(42)は「神社近くの桐だんす製作所の社長から桐の御朱印を提案され、昨年11月下旬から頒布を始めた」と説明。「桐の御朱印目当てに参拝される方もいて、みなさまに喜んでいただいているようだ」という。

 神社の歴史は1300年前まで遡(さかのぼ)る。現在の加茂市周辺を開拓した青海首(あおみのおびと)一族が神亀3(726)年、地元の人々の守り神として創建したのが始まりとされる。当初は日本神話に登場する椎根津彦命(しいねつひこのみこと)と、大国魂命(おおくにたまのみこと)を祭っていた。

 延暦13(794)年、桓武(かんむ)天皇が、京都市の上賀茂神社と下鴨神社の神領(領地)である平安京に遷都するにあたり、両神社が祭っていた神を青海神社に分霊。同神社は現在、合わせて5柱の神を祭っている。

 特に玉依姫命(たまよりひめのみこと)を祭っていることから子宝、安産、子育てに御利益があるとされ、女性の参拝者が多い。古くは、戦国の武将、上杉謙信の母親が毎月お参りし、謙信の出産は安産だったとの言い伝えが残っている。

 「晩婚化が進んで妊活期間が短くなり、早く子供を授かりたいと思う女性が参拝されているようだ」(古川さん)という。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ