PR

地方 地方

西日本FH新社長に村上氏「社会の変化に対応する」

記者会見を終え、ポーズをとる西日本FHの(左から)久保田勇夫氏、村上英之氏、谷川浩道氏
記者会見を終え、ポーズをとる西日本FHの(左から)久保田勇夫氏、村上英之氏、谷川浩道氏

 西日本フィナンシャルホールディングス(FH)は25日、村上英之取締役執行役員(59)が社長に昇格する人事を発表した。村上氏は傘下の西日本シティ銀行の頭取も兼務する。谷川浩道社長(67)はFHでは代表権のある副会長に就任、同銀行では頭取から退き、代表権のある会長に就く。FHの久保田勇夫会長(78)は留任するが、兼務する同銀行の会長は退き代表権のない取締役となる。いずれも6月下旬に開く株主総会を経て就任する。会見で、村上氏は「グループの伝統、強みを踏まえ、九州の発展に貢献する」と抱負を語った。(中村雅和)

■初の生え抜き

 村上氏は昭和58年、同銀行の前身の1つ、西日本相互銀行(59年から西日本銀行)に入行し、人事部長や総合企画部長などを歴任した。同銀行の経営トップには代々、大蔵省(現財務省)出身者が就き、平成16年に福岡シティ銀行との経営統合で西日本シティ銀行が誕生してからも、この流れは続いた。村上氏は生え抜きとしては初めての頭取就任となる。

 福岡市内で開かれた記者会見では、初の生え抜きトップについての質問が相次いだ。

 久保田氏は「その時々で誰が一番適しているか、ということだ」と述べ、谷川氏も「企業にとって誰がベストかということだ」と強調。村上氏は「歴代トップがご自身のキャリア、属性を存分に発揮され、対処してきた姿を目の当たりにしてきた。私も銀行や地域への思いの強さは人後に落ちない。歴代頭取同様に全身全霊であたっていきたい」と語った。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ