PR

地方 地方

平和への願い込めて アーティストと児童が壁画制作 コロナで行事中止も「一生の思い出に」 福岡空港

壁画について席田小児童に説明するミヤザキケンスケ氏=福岡空港
壁画について席田小児童に説明するミヤザキケンスケ氏=福岡空港

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で学校行事が相次いで中止になった児童に思い出を残してもらおうと、佐賀市出身のアーティスト、ミヤザキケンスケ氏と福岡市立席田小6年生が共同制作した壁画が24日、福岡空港内でお披露目された。大きな飛行機や花などが色鮮やかに描かれ、コロナ禍で社会全体を沈滞ムードが覆う中、平和への願いを込めた。

 壁画制作は、卒業を控えた空港近隣の席田小児童に「一生忘れられない思い出を」と、空港運営会社の福岡国際空港が企画した。ミヤザキ氏は、ケニアやウクライナなど世界中で壁画を共同制作する活動に取り組んでいる。

 ミヤザキ氏と児童は1月中旬から3回のワークショップを重ね、壁画の構想を決めた。テーマは「平和」で、平和を乗せた飛行機が福岡空港を飛び立ち、世界中に届けることをイメージした。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ