PR

地方 地方

太宰治は理系科目も運動も得意だった 旧制中学時代の成績表公開

3学年時の「津島修治」の成績表。いずれの科目も高い点数で、中でも代数は100点を取っている(福田徳行撮影)
3学年時の「津島修治」の成績表。いずれの科目も高い点数で、中でも代数は100点を取っている(福田徳行撮影)
その他の写真を見る(1/3枚)

 青森県五所川原市(旧金木町)出身の作家、太宰治(本名・津島修治)の旧制青森中学時代の成績表を、県立青森高校(青森市)が公開した。国語だけでなく数学や化学など理系科目でも成績が良く、運動も得意だったことが読み取れる。しかも無遅刻、無欠席。後の太宰のイメージとはかけ離れた、まじめな人物像が浮かび上がった。(福田徳行)

代数は100点も

 太宰は大正12(1923)年4月、同校の前身、旧制青森中学に入学し、当時5年制だった中学を4年で卒業した。

 見つかった成績表は全部で9種類で、4年前に同校内で段ボール5、6箱に入って見つかった大正から昭和初期の成績表の束の中に、太宰の成績も含まれていた。このうち、卒業時に162人中4位の成績で卒業したという成績表は過去に公開されている。今回、残りの学年と学級ごとの成績が記された8種類の開示について、遺族の了解が得られたことから創立120周年を迎えた昨年12月の生徒会新聞「青高新聞」で初めて公開した。

 成績表を見ると、国語は常に90点台で、漢文、文法、作文も80点台から100点。学生時代から作家として歩み始め、後に文豪と呼ばれるまでになった才覚の一端が垣間見える。

 さらに、数学の「代数」「幾何」も常に80点以上の高得点で、特に代数は3年生時で100点を取っている。英語、化学も90点以上で、理系科目も成績優秀だったことがうかがえる。さらに、体操も80~90点台と好成績を残していた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ