PR

地方 地方

「ゴールデンカムイ」の“隠れ聖地” 企業城下町にアイヌの宝物 

人気コミック「ゴールデンカムイ」に登場したアイヌのたばこ入れ(左)。作者の色紙と一緒に展示されている=苫小牧市美術博物館(寺田理恵撮影)
人気コミック「ゴールデンカムイ」に登場したアイヌのたばこ入れ(左)。作者の色紙と一緒に展示されている=苫小牧市美術博物館(寺田理恵撮影)
その他の写真を見る(1/4枚)

 アニメにもなった人気コミック「ゴールデンカムイ」(集英社)に北海道・苫小牧市美術博物館が所蔵するアイヌのたばこ入れや矢毒入れが登場し、「聖地巡礼」とみられるファンが同館を訪れている。同館は知る人ぞ知るアイヌ関係コレクションの宝庫だが、巡礼のモデルコースともいえる公的機関主催のスタンプラリーに採用されていない“隠れ聖地”。所蔵品のコミック登場を機に、聖地入りはかなうのか。

作者の色紙も

 「ゴールデンカムイ」は、日露戦争後の北海道を舞台に元兵士らがアイヌの金塊争奪戦を繰り広げる人気コミック。狩猟や料理といったアイヌの習俗・文化も描かれ、克明に描写された道具類が物語の世界にリアリティーを与えている。

 たばこ入れは昭和56年に同館が購入した。コミックの22巻で砂金堀り師が身に着け、物語が展開する上でのキーアイテムとして23巻にも登場。鮭を担いで歩くヒグマが彫られ、印象的なデザインだ。

 「新型コロナウイルスの影響で今は下火になっているが、たばこ入れが作品に登場したことが伝わった昨年夏から、毎日のように本州から来館者が訪れた」。同館の学芸員がこう話す。

 作者直筆の色紙とともに常設展示され、入館時に申請すれば撮影もできる。同館によると、申請書にたばこ入れを記入する例が本州からの来館者に多くみられた。北海道の“空の玄関口”新千歳空港から、昨年夏に開業した国立アイヌ文化復興拠点ウポポイ(白老町)へ向かう途中に立ち寄る来館者が目立ったという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ