PR

地方 地方

【大場一央の古義解~言葉で紡ぐ日本】荻生徂徠「非合理」前提とした楽観家

 その代相応の器量の人なしといふ事は、道理に於てこれなき事也『政談』

 新井白石が6代将軍徳川家宣の下、「正徳の治」と呼ばれる大改革を行っていた時期、これを苦々しく眺めていた男がいた。5代将軍綱吉の側近、柳沢吉保に仕え、「古文辞学」という学派を創設した儒学者、荻生徂徠(1666~1728年)である。

 徂徠は江戸の医者の家に生まれた。父は、館林藩主だった頃の綱吉に仕えていたが、徂徠が14歳のときに追放され、徂徠は25歳(一説には27歳)まで上総国(現千葉県)の農村で生活した。

 31歳で柳沢吉保に仕え、500石取りに出世したが、ひたすら漢籍に訓点をふったり、綱吉の伝記原稿を書くだけの扱い。しかも44歳で綱吉が死去し、柳沢吉保も失脚。その後は私塾を開いたものの、生活は貧窮した。その様子は「徂徠豆腐」という落語にもなっている。

 55歳で8代将軍吉宗の側近だった室鳩巣(むろ・きゅうそう)の仕事を引き継ぎ『六諭衍義(りくゆえんぎ)』に訓点をふることからはじまり、後に吉宗から諮問を受けるようになる。そうして政治に携わり、武家諸法度の改訂や「足高の制」による人材抜擢を実現するなど、江戸中期から後期にかけての制度的な基礎を築いた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ