PR

地方 地方

西鉄が鉄道運賃最大40円値上げ コロナで利用落ち込み

鉄道運賃の値上げとダイヤ改正について説明する西日本鉄道鉄道事業本部の松藤悟副本部長(中央)ら
鉄道運賃の値上げとダイヤ改正について説明する西日本鉄道鉄道事業本部の松藤悟副本部長(中央)ら

 西日本鉄道は29日、新型コロナウイルス感染拡大による利用客減少を受け、3月6日から天神大牟田線と貝塚線の一部区間で運賃を10~40円値上げすると発表した。同13日からのダイヤ改正では、天神大牟田線で終電を最大30分繰り上げるほか、1日12~28本減便し、利用状況に応じた運行体制とする。同社は運賃値上げとダイヤ改正で、年間計約2億円の収支改善効果があると試算している。(小沢慶太)

 運賃値上げは、消費増税に伴うものを除くと平成9年以来となる。天神大牟田線は、現行運賃が250~350円の区間で10~20円、貝塚線は同200~270円の区間で10~40円値上げする。定期券の料金は変更しない。

 値上げは、いずれもJR九州や福岡市営地下鉄との競合で、9年に国が定めた運賃の上限価格よりも低く設定していた区間で実施。新型コロナの影響で業績が悪化しているため上限価格にする。

 同社は天神大牟田線で1日当たり約3万6千人、貝塚線で同約4600人に影響が出ると分析している。このうち天神大牟田線では1%程度、貝塚線では2%程度の利用離れがあるとみるが、収支改善効果の方が大きいと判断し、値上げに踏み切る。

 一方、ダイヤ改正で天神大牟田線は1日当たりで平日は利用の少ない昼間と夜間の19本、土曜は朝と深夜帯の12本、日曜祝日は朝と夜間の28本を減らす。これまで土曜日と日曜祝日は同じダイヤだったが、利用状況が異なるため、新たに日曜祝日ダイヤを設ける。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ