PR

地方 地方

山口・下関市、1108億円の3年度予算案 コロナで税収減

 前田晋太郎市長は記者会見で「市税収入の大きな減少が見込まれる中、事業費の精査を徹底した結果で、いいチャレンジができた」と胸を張った。

 ただ、市長選後は当選した市長が、骨格予算を「肉付け」するための補正予算案を編成することになる。前田氏は、仮に再選を果たした場合、「肉付けに持ち越すと判断した事業が30数億円規模である」とする。市は「(肉付けのための)留保財源を確保する余裕はない。基金の活用を考えなければいけない」とし、取り崩しは不可避の情勢だ。

 市は、令和元年策定の「財政健全化プロジェクト」で、6年度末の基金残高70億円を目標に掲げる。3年度末の残高見込みは52億円で、平成29年度末比で30億円以上も減少。国の財政も厳しさを増す中、目標達成への道のりは険しい。

 前田氏は「厳しい状況にあるが、人件費の縮減など一つ一つ積み上げていけば、基金に頼らない財政運営は可能だ」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ