PR

地方 地方

【九州・山口 新年インタビュー】「地域経済の浮揚が最大の使命」吉村猛・山口フィナンシャルグループ会長兼CEO

インタビューに答える山口フィナンシャルグループの吉村猛会長兼CEO
インタビューに答える山口フィナンシャルグループの吉村猛会長兼CEO

 令和3年の経済見通しは新型コロナウイルス次第だが、不透明感、不確実性が増しているのは間違いない。

 昨年後半からは、少しずつ経済も回り出し、資金繰り融資の需要は落ち着いている。ただ、現在の第3波が長引けば再び対応が必要になってくる可能性もあるし、資金繰りだけでなく、だんだんと財務体質に影響が出てくる会社もあるかもしれない。

 われわれ地域金融機関としては全面的に支えていく。(一部が資本とみなされる)劣後ローンなど融資態勢を整えているので、十二分に支援できるだろう。

■リモート営業推進

 必要な資金供給も含めて金融事業はさらにブラッシュアップしていきたい。事業性評価について、顧客のニーズをとらえながら必要な資金や情報、ネットワークを提供していく。

 それに付随するものとしてコンサルティングビジネスがある。まだまだ顧客のニーズにマッチしないところもあるが、経営支援に結び付くようなコンサル業務を拡大していきたい。

 山口、広島では後継者が決まっていない企業がたくさんある。事業承継について顧客とじっくり話せるような環境づくりをしていきたいと思っている。

 地域金融機関にとって地元企業の円滑な継承、有益な技術を継続させていくことは非常に重要だ。しっかり体制を強化してやっていきたい。

 コロナ禍で将来的な資産形成にも不透明感が広がっている。個人の資産形成についてもライフプランニングという形で、しっかり支えるような取り組みを展開していきたい。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ