PR

地方 地方

【御朱印巡り】アニメチックな絵馬人気 新潟市 開運稲荷神社

こんこん様のイラストがかわいい御朱印(本田賢一撮影)
こんこん様のイラストがかわいい御朱印(本田賢一撮影)
その他の写真を見る(1/3枚)

 日本海にほど近い新潟市中央区の高台にある開運稲荷神社。アニメチックな御朱印帳や絵馬などが人気で、県内外からアニメ好きの若者らが参拝に訪れる。

 同市からは「ドカベン」の水島新司さん、「うる星やつら」の高橋留美子さんら多くの有名漫画家が世に出ている。市内で漫画・アニメ関連のイベントもよく開かれており、来場者が参拝していくケースも多いという。

 御朱印帳や絵馬などに描かれているのは、神社の参道入り口に鎮座するきつねの石像「こんこん様」。同神社は京都市の伏見稲荷大社の流れをくみ、きつねは祭られている稲荷大神様の使いとされる。

 「新潟市は“アニメ王国”ということで、こんこん様のアニメチックなイラストを絵馬に入れ平成29年12月に頒布したところ、テレビなどに取り上げられ、全国から参拝者が訪れるようになった。要望に応じて御朱印帳やおみくじにもイラストを入れている」と、禰宜(ねぎ)の久我右(すすむ)さん。

 神社は約370年前の慶安2(1649)年、新潟市内にあった長岡藩の蔵所(米蔵)の守り神として祭られたのが始まりとされる。明治4(1871)年の廃藩置県に伴い蔵所が撤去されたため、神社は同10年に今の場所に移るとともに、大国主神(おおくにぬしのかみ)と言代主神(ことしろぬしのかみ)も祭るようになった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ