PR

地方 地方

「ぶっちゃけ、つぶれそう」「たすけて」 やけ気味のツイートに突破口? 福島・南郷スキー場

“自虐ポスター”を手に南郷スキー場を売り込む支配人の星秀則さん=福島県南会津町(芹沢伸生撮影)
“自虐ポスター”を手に南郷スキー場を売り込む支配人の星秀則さん=福島県南会津町(芹沢伸生撮影)

 10月17日、福島県南会津町にある南郷スキー場のツイートが注目を集め、一気に拡散した。「毎年のお願い」と題し、ポスターの写真を1枚添えた“つぶやき”。「南郷スキー場を助けてください…」「めっちゃ、不便」「ぶっちゃけ、つぶれそう」-。ポスターには自虐的な言葉が並んでいた。

 アップしたのは同スキー場の支配人、星秀則さん(59)。「午後5時過ぎに上げて、午後6時には『いいね!』が1万になった」(星さん)が「今も理由は分からない」という。問い合わせが相次ぎ、複数のマスコミ取材も受けた。2カ月後には「いいね!」が7万6千を超えた。

 実はこのポスター、作ったのは昨年秋だった。南会津町の友好都市、東京都台東区やさいたま市などとのイベント用で制作は町役場の男性職員。依頼する際に星さんが伝えた条件は「来場者に足を止めてもらえるポスター」の一点だった。

 背景には利用客減少への危機感があった。南郷スキー場の来場者は平成4年度の約12万6千人をピークに減少傾向に。23年度以降は4万人前後で推移していた。ところが30年度は、スキー教室の利用減が響き2万7千人余りに急落した。

 昨年、起死回生を狙った“自虐ポスター”だったが注目されなかった。それどころか「90歳の老人が『記憶にない』という雪不足」(星さん)。営業わずか38日で閉鎖を余儀なくされる前例のない事態に陥った。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ