PR

地方 地方

コロナ感染新たに28人、累計2千人超える 群馬

 群馬県などは23日、28人の新型コロナウイルス感染が新たに確認されたと発表した。県内の感染者数は11月20日に千人を超えたが、わずか1カ月余りで2千人を超えの2001人(うち死亡が33人)となった。

 県内は、複数のクラスター(感染者集団)が相次ぎ発生するなど感染拡大「第3波」が本格化している。県は独自の警戒度を19日に最高の「4」に引き上げ、東部の7市町では飲食店などへの営業時間の短縮陽性も行われている。

 しかし明らかに新規感染者数が減少に転じるまでにはなお時間を要するとみられる。県は、人の移動が活発になる年末年始に感染が広がらないよう、新たな対応を呼び掛ける方向で調整している。

 一方、みどり市の通所介護事業所(デイサービス)で起きたクラスター(感染者集団)は利用者3人の感染が新たに判明し計14人に増えた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ