PR

地方 地方

毎年6万冊売れる長野県民手帳 全国トップの理由

令和3年版の長野県民手帳(手前2種)と歴代の県民手帳(原田成樹撮影)
令和3年版の長野県民手帳(手前2種)と歴代の県民手帳(原田成樹撮影)
その他の写真を見る(1/3枚)

 長野県が誇るものは数あるが、県民手帳の発行部数6万冊(令和3年版、税別500円)も他県を圧倒する。長野はなぜこんなに愛好者が多いのか。手帳とカレンダーが書店で目立つこの時期にその理由を探ってみた。(原田成樹)

文房具でなく書籍

 長野県民手帳を発行しているのは長野県統計協会。県の情報政策課統計室の中にある。なぜ、統計協会がスケジュール帳を発行するのか。書記の伊東貴世(たかよ)さんが経緯を教えてくれた。

 県民手帳はもともと、行政の統計に協力する統計調査員に、結果の報告を兼ねて配布していた冊子に、スケジュール帳を付けたものだという。長野では昭和37年版が第1号で令和3年版で60回を数える。分類としては文房具でなく書籍になり、ISBNコード(国際標準図書番号)が振られ、再販価格維持制度で定価も守られている。他のスケジュール帳とは一線を画すのだ。

 確かに全294ページのうち、月間カレンダーと週間スケジュールは約半分で、統計データなどの資料編が45ページ、名簿編が26ページ、各地の祭りなど生活情報編が25ページを占め、細かい字がぎっしり詰まっている。

 県民手帳は47都道府県のうち県だけにあり、神奈川、兵庫を除く41県にある。うち32県は県統計協会の発行だ。他県の調べによると平成31年版の発行部数上位5県は長野、群馬、茨城、埼玉、新潟の順だった。長野は人口当たりでもトップとみられる。

統計情報が満載

 購入者アンケートはがきの回答では、購入理由(複数回答)は、1位「価格が手ごろだから」(65・7%)、2位「毎年購入しているから」(54・4%)に続き、3位に「統計データが充実しているから」(51・2%)が入る。統計データの充実が売れている理由の1つなのは間違いない。平成27年国勢調査の回答率でも長野は全国4位で、統計調査への協力度や関心が高い県民性といえる。

 もう一つは地元愛が考えられる。残念ながら地元愛を示す統計学的なデータはないが、長野県民のほぼ全員が県歌を歌えるというのは有名な話だ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ