PR

地方 地方

【移住のミカタ】広島県福山市 田舎暮らしで季節を楽しむ

鶏を手に乗せる辻本良子さん。移住者の間で鶏の飼育が流行っているという
鶏を手に乗せる辻本良子さん。移住者の間で鶏の飼育が流行っているという

 広島といえばカキ、原爆ドーム、もみじまんじゅうしか頭に浮かばないくらい縁もゆかりもなかった。東京でそれなりに理想的に暮らしていたけど、いつかは田舎に住みたいとぼんやり描いていた。が、そのいつかは思っていたより早く訪れて、私たち家族は広島県福山市最北の山野町で暮らし始めることになった。

 少子高齢化が進むこの町の人々は優しく受け入れてくれ、地域のしきたりとは無縁の私たちを適度に放っておいてくれる。子供も大人も伸び伸びと自分たちの理想とする暮らしを模索しつつ、私はこの地域の情報発信を行っている。チャボを飼ったり、野草や山菜を楽しんだり、近所の川で釣りをして食すなど自然の恵みを満喫している。

 頼れるおじい、おばあが身の回りにたくさんいることもありがたい。移住者仲間の存在も欠かせない。この片田舎に集まってしまった故の不思議な縁を感じる。人とのつながりや季節を楽しむ田舎での暮らし、どこか懐かしくもありオススメ。(福山市地域おこし協力隊 辻本良子)

メモ 東京から福山駅まで新幹線で約3時間半。福山駅から山野町は車で約40分。車では山陽自動車道福山東ICから約30分。問い合わせは福山市企画政策課(084・928・1012)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ