PR

地方 地方

【大場一央の古義解~言葉で紡ぐ日本】山鹿素行「役目思想」への強い意志

 道は人物由(よ)りて行くところの名なり『中朝事実』

 「忠臣蔵」で知られる大石内蔵助が学んだ「山鹿流軍学」の創始者で、儒学者の山鹿素行(やまが・そこう、1622~1685年)は早熟だった。9歳で朱子学の大家、林羅山に入門。並行して神道や歌道を修め、軍学の大家、小幡景憲や北条氏長にも師事した。18歳にして儒教入門書『四書諺解(げんかい)』を完成させ、21歳で小幡から印可を受け『兵法神武雄備集』を著した。

 そんな素行の下には桑名(現三重県)藩主、松平定綱や赤穂(現兵庫県)藩主、浅野長直らが入門した。31歳で浅野家に仕官すると、江戸藩邸では兵学教授に就任。教育の傍ら『武教全書』や『修教要録』といった儒教、軍学、政治関係の書物をまとめた。

 順風満帆のように見える素行であるが、40歳を超えたあたりから思想上の変化が生じる。朱子学への疑念が深まり、朱子学批判を通じて自らの儒教思想を体系的にまとめた『聖教要録』を44歳で発表したのだ。

 ただ、これが朱子学を正統教学とする幕府、なかでも保科正之に忌避され、赤穂へ流罪となる。以後約10年を流謫(るたく)の身として過したが、この間も素行は精力的に執筆活動にいそしんだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ