PR

地方 地方

春高バレー群馬大会 男子・高崎商が勝ち上がり 女子・常磐フルセット制す

 「春の高校バレー」として行われる第73回全日本バレーボール高等学校選手権大会の県予選会(県バレーボール協会、産経新聞社など主催)は31日、前橋、高崎両市の6会場で2次ラウンドが開幕した。来年1月5日から東京体育館(東京都渋谷区)で開催される全国大会の出場切符をかけた、男女各24チームによる熱い戦いが始まった。

 今年は新型コロナウイルス感染予防のため9月に1次ラウンドを実施し、2次ラウンド以降も「3密」を避け例年より会場を増やした。31日は男女とも2次ラウンドの1回戦8試合を行い、16強に絞り込まれた。

 男子は高崎商、前橋工、桐生、太田などが勝ち上がり、館林商工は太田工と接戦の末、勝ち上がった。

 女子は利根商、館林女、大泉、前橋育英などが16強に進み、常磐は高崎北をフルセットの末、下した。

 1日は、男女とも2回戦8試合、準々決勝4試合を行い、それぞれベスト4が出そろう。

 ◇ 

 【男子】

 ▽1回戦

 館林商工   2 25-23 0 太田工

          25-21

 桐生     2 25-14 0 前橋南

          25-15  

 館林     2 25-20 0 前橋

          25-15  

 太田     2 25-16 0 渋川

          25-21  

 高崎商    2 25-16 0 高崎北

          25-20  

 高崎東    2 25- 7 0 市太田

          25-10  

 渋川工    2 25-10 0 吾妻中央

          25-16  

 前橋工    2 25-16 0 安中総合学園

          25-12  

 【女子】

 ▽1回戦

 利根商    2 26-24 0 太田女

          25-21  

 前橋育英   2 25-16 0 四ツ葉・藤岡中央

          26-24  

 常磐     2 23-25 1 高崎北

          25-21

          25-22  

 富岡     2 25-21 1 沼田女

          20-25

          25-20  

 吉井     2 25-16 1 明和県央

          13-25

          25-20  

 前橋南    2 25-23 0 桐生商

          25-21  

 館林女    2 25-16 1 伊勢崎

          19-25 

          25-20  

 大泉     2 25-19 1 東農大二

          23-25

          25-12  

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ