PR

地方 地方

リニア差し止め提訴メンバー、静岡知事宛て署名活動開始へ

 JR東海のリニア中央新幹線建設工事をめぐり、県内の市民団体が、大井川の水を守るよう求める川勝平太知事宛ての署名活動を始めると明らかにした。メンバーの一部は、30日にJR東海に対し県内区間の工事差し止めを求めて静岡地裁に提訴した原告で、署名活動では工事の問題点や訴訟の意義を周知する狙い。

 署名は、南アルプスのトンネル掘削によって川の流量減少が懸念されているとして、川勝知事に「JR東海に対して住民が納得できるまで説明するよう働き掛けること」を求める内容。参加者を募る準備会を11月3日に島田市で開き、流域の8市2町内の連絡協議会を作りたい考えという。

 発起人の一人、焼津市の青島悦世市議は「水や自然は一度壊れれば戻ってこない。将来のためにも今やらなければならないという強い気持ち」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ