PR

地方 地方

児童ら105人が給食で食中毒 中野の小学校

 都は29日、中野区の区立中野第一小学校で、同校調理の給食を食べた児童ら計105人に下痢や発熱などの症状が出たと発表した。都によると、中野区保健所は、給食に使われていた鶏肉などから検出された細菌「カンピロバクター」が原因の食中毒と断定。入院患者や重症者はおらず、既に全員が回復したという。

 12日から22日にかけて症状が出たといい、共通の食事は学校給食のみだった。中野区は同校に対して、7日間の給食の供給停止の処分を行った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ