PR

地方 地方

球磨川「流域治水」推進で合意 熊本知事「ダム排除せず」協議会が初会合

熊本県庁で開かれた、熊本県・球磨川の治水対策を議論する国や県、関係自治体の協議会初会合
熊本県庁で開かれた、熊本県・球磨川の治水対策を議論する国や県、関係自治体の協議会初会合

 7月の豪雨で氾濫した熊本県・球磨川の治水対策を議論する国や県、関係自治体の協議会初会合が27日、県庁で開かれ、ダムだけに頼らず地域全体で治水に取り組む「流域治水」の推進で合意した。次回の開催は未定。蒲島郁夫知事は、球磨川支流の川辺川ダム建設計画の是非を年内にも判断する考え。

 国土交通省の担当者は「気候変動による降雨量の増加を考慮すべきだ」として、治水計画を見直す必要性を強調。水田や校庭での貯水や高台移転などを組み合わせ、氾濫水量と浸水範囲を減少させる案を示した。

 蒲島氏は会合後、「ダムも排除せず、国と県、自治体、住民で治水に取り組む考え方(で合意した)。県の方向性は今年中のなるべく早い時期に示す」と報道陣に述べた。

 国は6日、仮に川辺川ダムがあれば、7月の豪雨の一部浸水範囲が「約6割減少」との推計を公表。流域12市町村の首長は、ダムを治水の柱に検討するよう県や国に要望している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ