PR

地方 地方

防衛省、オスプレイ配備で来春に佐賀の漁協へ地権者説明会

 陸上自衛隊の輸送機オスプレイの佐賀空港(佐賀市)配備計画に関し、配備予定地の地権者が多く所属する佐賀県有明海漁協(佐賀市)の西久保敏組合長は26日、防衛省による地権者説明会を特産のノリ養殖の繁忙期が終わる来春に開催すると明らかにした。

 防衛省が同日、漁協で幹部と面会。西久保氏と同省担当者によると、防衛省側はノリ養殖の繁忙期にかかわらず早期の開催を要望したが、漁協側が反対した。西久保氏は面会終了後、記者団に「漁期に入って頭の中はノリのことでいっぱいだ。漁期後に説明を受ける」と話した。

 漁協は9月の幹部会議で、防衛省による説明会後、地権者の意向を確認した上で、漁協として計画への賛否を判断する方針を決めている。

 防衛省は漁協との調整が難航しているため、オスプレイの陸自木更津駐屯地(千葉県木更津市)への暫定配備を進めている。期間は「5年以内を目標」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ