PR

地方 地方

薩摩川内市長に田中氏初当選 原発住民投票「現時点で考えず」

初当選を決め、万歳する田中良二氏=25日夜、鹿児島県薩摩川内市
初当選を決め、万歳する田中良二氏=25日夜、鹿児島県薩摩川内市

 任期満了に伴う鹿児島県薩摩川内市長選が25日投開票され、無所属で新人の元県議、田中良二氏(64)=自民、公明推薦=が、元市議の小田原勇次郎氏(58)、元市議の松沢力氏(38)、元高校講師の石原修氏(62)の無所属の新人3氏を破り初当選した。投票率は60・00%で過去最低。

 市内には令和6年から相次いで40年の運転期限を迎える九州電力川内原発1、2号機がある。田中氏は25日夜、選挙事務所で記者団に、任期中に運転延長の賛否をめぐる判断が迫られることに関し「まだ電気事業者からの申請がないので、コメントできる段階にない」と言及を避けた。住民投票については「現時点では考えていない」とした。 選挙戦では明確な姿勢を示した候補者はおらず、争点にならなかった。運転延長を容認する姿勢を表明していた岩切秀雄市長(78)は今期限りで勇退した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ